Preloader logo

不動産で使う用語

 

こんにちわ!

後楽不動産の岩冨です・・・・皆さんがふだん耳にしたり、しなかったりする不動産の用語を紹介していきたいと思います。

私自身が調べて紹介しているのでちゃんと合っているかは・・・悪しからずです。

 

「L・D・K」ってどういう意味?

 

お部屋探しのとき、 物件情報を見ていると、間取り欄に出てくるのが「L」「D」「K」といった文字。

たぶん皆様もご存知だとは思いますが、「L」は居間=リビング、「D」は食堂=ダイニング、「K」は台所=キッチンを表しています。

では「DK]と「LDK]の違いは何なんでしょうか?

具体的には公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会がDK・LDKと表示するために最低必要な広さの目安(下限)を定めています。

居室数 DK LDK
1部屋 4.5畳 8畳
2部屋以上 6畳 10畳

つまり、居室の数が1部屋の場合は、居室が4.5畳~8畳までは1DK。8畳以上で1LDKと表示されることになります。

 

部屋が1部屋か、それ以上かによっても違ってくるんですね!

 

あと、この広さには廊下や納戸は含まれないんです。

 

色々考えると頭がこんがらがってきます・・・・・汗。

 

とにかく最後は実際に自分の目で見てみるのが一番ですね!

 

 

div#stuning-header .dfd-stuning-header-bg-container {background-color: #636363;background-size: initial;background-position: top center;background-attachment: initial;background-repeat: initial;}#stuning-header div.page-title-inner {min-height: 100px;}