後楽不動産の社長へのインタビュー

「後楽不動産の社長へのインタビュー」の見出し画像
目次

幼少期の将来の夢は?

《体操選手》
体を動かすのが好きで、小学校でバク転できたのをきっかけに体操に興味を持ちました。 それまでは習い事をしても中途半端。中学校には体操部がなかったので、自分で体操クラブを探し、両親の許可も得られて入会することに。
自ら進んで行動すること、やりたいことへの執着心が行動に繋がった初めての経験でした。 高校で辞めてしまいましたが、夢や目標、熱中することが見つかれば長期的に行動して行けることを知りました。

目標とする経営者は?

松下幸之助
【商売とは感動を与えることである】
「商売=稼ぐ」という印象がありますが、感動を与えるというのは、いかにお客様に寄り添った仕事ができるかということ。 弊社の理念「それ以上のありがとうを頂けるように」にあるように、ただ売るのではなく、それ以上の感動や感謝をいただくことが重要だと思っています。
ジャパネットたかたの高田明前社長が講演で言われた「値段ではなく価値を売る」との言葉にも共通する、私が目指す経営の考え方です。

「若気の至りだった」と恥ずかしくなるようなエピソード

20代半ばでの創業。 とにかく誰よりも早く、失敗せず、会社の規模や売上を伸ばそうと必死でした。 それは大切なことですが、人の気持ちを考えない発言や行動が多かったかもしれません。

振り返ってみると恥ずかしいですね。 今は多少大人になり、周りの人を思いやる発言も出来るようになってきたかと思います。また若い頃、失敗は遠回りでしかないと思っていましたが、今は失敗は勉強であり、逆に近道だと思えるように。今の方が挑戦できるようになりましたね。

不動産業界は面白い?

答えは「?」。

私自身、面白いという理由で不動産業界を選んだわけではないし、まだまだ業界について知らないことも多いからです。「不動産がやりたいから」というより、主眼にしているのは「誰とどうしたいのか」。極端に言えば今の仲間と一緒に仕事が出来るなら、不動産業じゃなくてもいい。

私が思う《強い会社》とはどんな状況になっても一緒に働く仲間と共に新しいチャレンジをしながら可変していける会社。不動産業への探求は深めつつも、変化に柔軟な会社であり続けたいと思っています。

面接で一番見るところ

弊社の企業理念を見てどう思うかということ。
企業理念は価値観そのものです。人によって「仕事で重視すること」は、やりがいやお金など様々。私は、やりがいやお金は自分が頑張った成果だと思います。

企業の売上も、お客様に最上の提案が出来た結果。弊社でいう理念の「それ以上のありがとう」を頂けた結果ついてきたものです。売上やお金を先に考えると本末転倒。それは目標ではなく、そこまでの道筋が反映される。それが売上にも繋がります。ですので、理念に共感できるかどうかを一番重要視します。

いまハマっている趣味、長く続けている趣味

長く続けている趣味は筋トレ。
20代〜30代半ばは飲み会に参加することも多く、暴飲暴食の繰り返しでした。
体調管理も出来ておらず、健康とは言えない状態。
そんな時ゴルフ中に腰を痛めることがあり、病院へ行くと筋力の低下と言われました。

そこから少しずつ健康的な食事と筋力をつけるための筋トレを開始。
それから2年半、今まで飲んでいた薬を飲まなくて大丈夫になり、体力もつきました。
今ではそれが習慣化して体調も良いし、食べたいものも好きに食べられるので、心身ともに健康です!

座右の銘

日々挑戦・日々勉強
100挑戦 1成功

日々勉強する中で小さな挑戦の積み重ねが成功の秘訣だと思っています。
失敗は当然という気持ちで挑戦を続ける!もちろん失敗しないように頑張ってはいますが…….
この業界に入った21歳の頃、仕事をする上で自分に約束事を決めました。

1、弱音をはかない
2、陰口を言わない
3、言われた事は120%で行動する

この3つ目が今の企業理念【それ以上のありがとうを頂けるように。】に変わりました。

大切にしているモットーは「考える」こと。
いつも良い時ばかりではない。何があってもしっかり受け入れ、問題が起こっても落ち着いて考え、問題を起こした原因や人を追求する前に解決するための方法を戦略的に考えることを意識しています。

やりがいとお金、どちらかしか選べないなら、どっち?

「やりがい」と言いたいところですが、まずは「お金」です。
たくさんじゃなくてもいい。でも生活できるだけのお金を得ることは大切。それがなければ、やりがいを求めている場合でもないですしね。私の場合、それ以上に稼ぐなら、モチベーションややりがいが必要になると思っています。

お金だけがモチベーションになってしまうと早々に限界がくるのではないでしょうか。
お金を稼ぐことはあくまで手段で、「誰かのため」「地域のため」という目標があればこそ、大きな成果が挙げられると思います。

暮らしの中のマイルール

出かける前の戸締りの徹底と、観葉植物など緑が多い部屋が好きなので、植物の手入れ。
コロナ禍をきっかけに家にいることが多くなったので、家で心地よく過ごすための環境に目を向けるようになりました。緑が多い部屋は気持ちも良いんですよ。あと、犬を飼っているので、特に戸締りには注意しています。
ベランダには人工芝を敷いて犬が遊べるようにするなど、ほぼ犬中心の生活になっています(笑)。

地球最後の日に食べたいものは?

【カツ丼】
おばあちゃんに作ってもらったカツ丼が大好きで、勝負飯はカツ丼と決めています!

持ち家vs賃貸 論争に一言

持ち家と賃貸、どちらも良い点悪い点がありますが、各人のライフスタイルによって決めるのが一番だと思います。
賃貸で言えば住み替えの手軽さがありますね。持ち家の場合は物件の価値を考えたり、個人の税金を対策出来たりもします。また自由にリフォームすることも楽しいですね。

持ち家を検討される場合、この先何十年かの支払いのシュミレーションや税金等の相談など、一番最適なアドバイスが得られるので、迷ったらまずはプロに相談するのが良いと思います。

社会人になって一番貧しかった時の所持金は?

マイナス20万円くらいで借金があった時ですね。 サラリーマン時代、店長などもしていました。部下や同僚との交流が好きでよく飲みに行き、人数が増えても調子良く奢ることが多かったので、飲み代を借金することもありました。

当時は見返りなど考えず行動していましたが、結果的にそのとき築いた人脈や人間関係が、今になって助けてくれる存在になっています。 後から考えれば自分への投資だったのかと思うと、与える人ほど与えられているんだなと感じます。

勝負の日のルーティーンや装いについて

私の勝負の日といえば、不動産の買い付け、お客様との商談、セミナー講師などの予定がある日。大切にしていることは見た目の清潔感、服装にも気を遣っています。 前はスーツを着ることが多かったですが、クールビズの時期はラフな服装であっても、あまり派手になりすぎないようにしています。

以前先輩からのアドバイスで、対面で営業する際、おでこが見える髪型にしてお客様と向き合うようにと言われたことがあり、以来、髪型はおでこが見える髪型にしています。

モチベーションを保つ秘訣

自分の中での決め事があります。

1、何が起こっても落ち着き、しっかり受け入れてから考えること。
2、物事を長期的視野で考える。
3、問題への対策には熱量ではなく戦略的に対応する。

問題があったとしても解決していくことがモチベーションを保つ秘訣です。さらなる問題解決のため、本を読んで知識をつけ社内で挑戦したいことをどんどん増やしていくことも、モチベーションを維持することに繋がっています。

おすすめの本

ロバート・キヨサキの【金持ち父さん貧乏父さん】

“金持ち”という部分に惹かれて読んだわけではありませんが、当時人気があった本なので、読んでみました。 読めば読むほど勉強になり、共感できる部分もあったりと、すごく面白かったです。「お金持ちはお金のためには働かない」お金持ちになりたいということは目標ではなく、何をしたいのかが大切だということや、どんな人からでも学べることはあるということを勉強しました。

起業したきっかけ

同じ目標に向かう仲間を守りたかったから。

私が不動産業界に入社した際は中途採用だったこともあり、会社の考え方や方向性などを深く聞かずに会社を選びました。 初めは仕事を覚えることに一生懸命でしたが、年数が経ち役職がついてくると部下ができます。中間管理職だった頃、会社の指示を部下に伝えるとき、自分が納得できることなら部下へ通達し納得させることは出来ますが、自分も納得できないことを無理やり根拠もなくやらせることができませんでした。

いま振り返ってみると、雇われることに向いていない性格だったのかもしれません。お客様への考え方、社員への考え方など「この方が絶対良い」と思う自分の意見を上司に掛け合い会社自体を変えていける取り組みも行いましたが、やはり自分の想いを実現させ、それに共感してくれる仲間を守るには会社をつくるしかない。そういった経緯もあり、自分が思うやり方に間違いはないと思い起業しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次